韓国ドラマ「浪漫ドクターキム・サブ」あらすじ、キャスト、感想

こんにちは、kikiです。

韓国で、最終回の視聴率が27.6%を記録した「浪漫ドクターキム・サブ」。

「少し暗そうだから見るのやめようかなぁ…」と見た目で判断しそうになったこのドラマなのですが、

最初に言ってしまいますが、見たほうが良いです!!

 

ドラマのあらすじと個人的な感想、見ることをおすすめする理由をお伝えしていきます。

あらすじ

ドンジュは幼い頃に病院で父親を亡くすが、その時に出会った医師の一言で、医師になろうと決める。

そんなドンジュがインターンとして配属された先で出会った先輩女性医師のソジョン。

ソジョンには恋人がいたが、ドンジュのアプローチで気になってしまう。

そんな矢先、ソジョンの恋人が事故死してしまい、そのままソジョンは何も言わずに行方をくらましてしまう。

 

5年後、努力をして優秀な成績で医師になったドンジュは、手術中のミスにより、田舎の病院に左遷されてしまう。

そこでたまたま働いていたソジョンと再会し、「神の手」と呼ばれるキム・サブと出会い、色んな意味で衝撃を受ける。

ドンジュはソジョンと共にキム・サブの下で学び、医師として成長していく物語。

 

メインキャスト

ハン・ソッキュ(キム・サブ=プ・ヨンジュ役)

「神の手」を持つ天才外科医。型破りな性格で横暴にも見えるが、患者を救うことを常に一番に考えている。

 

ユ・ヨンソク(カン・ドンジュ役)

成績優秀な努力家の医師。初めはサブに反感を持っていた。

先輩のソジョンに恋をし、アプローチをする。

 

ソ・ヒョンジン(ユン・ソジョン役)

「いかれたクジラ」の異名を持つ医師。恋人を亡くし姿をくらましていたが、自分を助けてくれたキム・サブを尊敬している。

 

感想

とにかく、思っていたより見やすくて面白かったです!!!

最初の方のキム・サブはソジョンに対してすごく厳しくて、とっても嫌な奴なのかと思ったら違うんですね。

恋人を亡くして自殺までしようとしてしまったソジョンを立ち直らせて、立派な1人の医師として成長させたいという愛情に、ジーンときてしまいました。

 

「患者を助ける」ことしか考えていないキム・サブ。

そこにブレがなく描かれているので、困難な状況でもどうやって患者を助けるのか、というところが気になって見てしまいます。

 

又、患者だけでなく、後輩や仲間を守る姿勢もとてもかっこよかったです!!

この人に「よくやった!」と言われたら、「一生ついていきます!!」と言いたくなってしまうのではないかと思うくらい、飴と鞭を上手に使ってくるキム・サブ。

低い声にもしびれますよー!!かっこよくて、素敵なおじさまです!

 

 

そしてこのドラマ、恋愛方面もとてもよかったです!!

真面目で少し頭でっかちなところがあるカン・ドンジュが、ソジョンの前にいると可愛くなっちゃうんですよね。

嫉妬する姿がとてもかわいらしくて…

そりゃあ、後輩のそんなギャップを見せられたらソジョンも好きになっちゃうよねー!!!と思いました。

 

特に1話のキスシーンがとっても良くて!!

2016年のSBS演技大賞でキスシーン(キス職人?)賞をもらっていたくらいです!

見ているこっちもドキドキしてしまいました。

 

このカップル、とても爽やかで息があっているところがとても良かったです。

お互いが成長できるように支えあう姿がとても印象的でした!

こんな後輩彼氏が職場にいたら、毎日ドキドキしちゃって、クールぶるのが大変!だなんて、勝手に妄想しちゃいました^^

 

総合評価

キム・サブに診察して欲しい度          ★★★★★

自分も指導して欲しくなる度           ★★★★☆

ドンジュに胸キュン度              ★★★★★

本院の院長にイライラする度           ★★★★★

ソジョンが羨ましい度              ★★★★☆

 

まとめ

人間味溢れる医療ドラマ、だと思います。

医療ドラマが苦手な方も、彼らの成長見たさに、次が気になってしまう作品だと思いますよ!

視聴を迷っている方には、「見た方がいいよ!」とぜひオススメしたい作品です。