ドラゴンヒルスパ(韓国/ソウル)のアクセスや料金は?持ち物や口コミも!

こんにちは、kikiです!

韓国での楽しみ方は、食べ物、ショッピング、観光など、人それぞれだと思うのですが、観光客にも人気なのがチムジルバンです!

特に、このドラゴンヒルスパはソウル内でも巨大なスパ施設となっていて、観光客にも大人気の施設となっています。

韓国のチムジルバンの楽しみ方としては、観光やショッピングでの後に行って疲れを癒し、ホテルに戻る、という方も多いかと思いますが、このドラゴンヒルスパはそれだけではもったいないくらい巨大な施設です!

むしろ、1日をこのスパで過ごしても良いほど、楽しめる内容になっているのですが、今回はそんなドラゴンヒルスパについて色々と調べてみました!

 

 

ドラゴンヒルスパってどんな施設?

 

 

View this post on Instagram

 

ドラゴンヒルスパ🐉🛁💓 #ドラゴンヒルスパ #韓国 #スパ #温泉

Airaさん(@airamelomelo)がシェアした投稿 –


24時間年中無休の巨大スパです。

インテリアは、アジアのリゾート風になっています。

施設内容としては、7種類のハジュンマク(韓国式サウナ)、浴場、露天風呂、そして1年中利用可能な屋外プールまでついています!

さらには、屋外庭園、映画施設、食堂、睡眠室、インターネット施設、ゲームセンターまで常設されているのです!

本当に何でもある!といった印象ですよね。

さらにスパ内では、よもぎ蒸し、うぶ毛とり、マッサージ、フェイシャルエステ、あかすり、ネイルも体験することができます

なので、冒頭でもお伝えしたように、数時間のみだけの滞在ではもったいない施設です。

まるでテーマパークのような場所となっています。

 

 

ドラゴンヒルスパの料金や持ち物は?

 

料金はこちらです。

<平日の5:00~20:00>            

大人:12,000烏ォン/子ども:6,000ウォン

 

<土日・祝日(韓国の祝日)の5:00~20:00>  

大人:14,000ウォン/子ども:6,000ウォン

 

<夜間(曜日関係なく同一)20:00~5:00>

大人:15,000ウォン/子ども:6,000ウォン

 

※子どもは数え年で6歳以下、24ヶ月未満は無料

※利用が12時間を超える場合は1時間につき1,000ウォン追加

 

施設内で使用できる備品は、化粧水、乳液、くし、ドライヤー、タオルとなっています。

入場料金を支払う際に、チムジル服、タオル2枚を受け取ります。

なので、ほぼ手ぶらで行っても問題ありません。

しかし女性の場合、メイクをスパ内で落としたい方は、クレンジング類がないので持っていくことをオススメします。

もちろん着替えや簡単なメイクグッズが必要な方は、持っていくと良いでしょう。

また、屋外プールを利用されたい方は水着と帽子が必須になっているので、持参するようにしてくださいね!

 

ちなみに、ホテルを利用せずにこのドラゴンスパで夜仮眠する予定の方も、受付でスーツケースを無料で預かってくれるので、荷物が多くても安心ですよ!

 

ドラゴンスパの行き方は?

 

住所:ソウル特別市 龍山区 漢江路3街 40-713

電話番号:02-792-0001

対応言語:一部スタッフのみ日本語・中国語が可

最寄り駅:・地下鉄4号線新龍山(シンヨンサン)駅 3番出口 徒歩5分、又は、地下鉄1号線龍山(ヨンサン)駅 1番出口 徒歩3分

 

場所は龍山駅1番出口を降りてすぐ目の前です。

夜は特にギラギラとネオンが光っているので、すぐ見つかるはずです。

また、日本の観光客の方の場合、地下鉄を利用せずにタクシーで移動する方も多いようです。

龍山駅はターミナル駅な為、色んなお店があって、駅をプラプラ歩くのも楽しいですよ!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

とっても楽しい施設となっているドラゴンスパ。

日中はやはり空いているようですが、夜間は混み合っているようですね。

特に、夜をここで過ごす方は、まるで韓国ドラマを見ているように雑魚寝が当たり前です。

アカスリを体験する方も多いようですが、コース料金が様々あるので、値段の確認をきちんとすることをオススメします。

気になった方はぜひ、行かれてみて下さいね!