【韓国ドラマ/百日の郎君様】日本での放送はいつ?最終回の結末も!

こんにちは、kikiです。

韓国のtvN月火ドラマとして放送していた「百日の郎君様」は、この時間帯での最高視聴率をマークし、またtvNの全ドラマの中で歴代4位となる視聴率をたたき出したことで、話題となりました。

そんな注目なドラマの、日本での放送の予想と、気になる最終回の結末もお伝えしていこうと思います。

どんなドラマなの?

(写真=http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2100263より引用)

完全無欠の世子であるイ・ユルが、突如として記憶喪失となり、役立たずな男へと転落したウォンドゥク(EXO ディオ)と、記憶喪失でたどり着いた町(ソンジュヒョン村)の女性であるホンシム(ナム・ジュヒョン)と出会い、お互い望まない結婚をした後に恋愛に発展するという、ロマンチックストーリーです。

 

日本での放送はいつ?

韓国でこれだけ話題になった作品ですので、日本でもすぐ放送開始されるのでは?思ったのですが、11月3日現在ではまだ決まっていません。

現時点で発表されていないので、2019年1月以降になるのでは?と予想しています。

どの放送局で放送開始となるでしょうか。

また情報が出次第、追記してお知らせします。

 

最終回の結末は?

この先ネタバレが含まれますので、「結末を知りたくない!」という方は、ここから先には進まないで下さい。

 


これらを読むとわかってしまいますね!

 

では少しだけ、解説していきます。

記憶が戻った世子は、宮殿に帰ります。

最終回前半では戦争が起きてしまい、自分も死ぬ覚悟をしてイ・ユル(EXOディオ)は戦争に出ますが、その悲壮感溢れる演技がとても素晴らしかったと好評でした。

戦場ではアクションシーンもあり、その緊張感はマックスに。

 

「雨がまた降らない」と雨が降らない理由をユルが結婚しないせいだとし、王がいつまでも結婚しないユルに対して、結婚するようにせかします。

そして最後、1年後にイ・ユルはイソ(ナム・ジヒョン)がいるソンジュヒョン村に帰ってきます。

イソは風呂敷で包まれていたユルの日記をみました。

その内容は、「覚えているのか? 君は今日、僕と婚姻した。人生は二つの道がある。一つは奇跡ではないように生きる道、もう一つの道は全てが奇跡だと思って生きる道。君の朗君として生きていた100日間は毎瞬間が奇跡だった」との告白が書いてありました。

お互いの気持ちを確かめ合い、最後は結婚を約束するキスシーンにて、物語は終わりました。

 

まとめ

この作品、映像がキレイ、ディオの演技もとても良い、出演者のチームワークが最高、キスシーンがロマンチック、高視聴率を記録する、などなど、様々な点で話題となりました。

最終回は、皆さんが納得する結末だったようで、視聴者の方は大満足で終わったようです。

話題のこの作品、早く日本でも放送されるといいですね!

 

<百日の郎君様関連記事>

【韓国ドラマ】百日の郎君様が面白いと話題!視聴率と公約のダンスとは?