【韓国ドラマ】油っぽいメロのロケ地はどこ?最終回の結末も!

こんにちは、kikiです。

今回は、ドラマ「油っぽいメロ」に注目してみたいと思います!

その中でも、油っぽいメロのロケ地と最終回の結末についてまとめましたので、お伝えしていきます!

スポンサードリンク

出演者と見どころは?

(写真=http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2093950より引用)

出演者

少し変わったヤクザ役をチャン・ヒョクさんが、少し天然で天真爛漫なお嬢様役をチョン・リョウォンさんが、そして人気ホテルのスターシェフ役を2PMジュノさんが演じています。

 

見どころ

このドラマは「嫉妬の化身」の作家さんが脚本を書いたラブコメです。

1番の見どころとしてはヤクザのチルソン(チャン・ヒョク)と、中華料理店のスターシェフであるプン(ジュノ)、そしてお嬢様のセウ(チョン・リョウォン)の三角関係の行方です!

どのようにして三角関係が始まり、最終的にはどの2人がカップルになるのか?が最大の焦点になります。

そしてそのカップルの「ラブラブなシーンが多い!」と話題にもなりました。

そちらにもぜひ注目です。

 

ロケ地はどこ?

まず、チルソンが営み、後にプンが働くことになった中華料理店の場所は「清州(チョンジュ)」にあるようですね。

というのも、プンが働いていた「ジャイアントホテル」の舞台が、清州にある「グランドプラザ清州」だからです。

ソウルから清州は車で1時間半くらいの場所にあります。

 

そして、中華料理店のロケ地であった同じビル2階のオフィスカフェのインスタには、中華料理店を増設している様子がアップされていました。


これをみて、「作ったんだー!」と思いました。ですので、もしかしたら現在は撮影後に増設した部分は取り壊されているのかもしれません。

他にも撮影の色々と様子が公開されていましたよ。

 

そして、1話でプンとセウが漢江を見ながらフォーチュンクッキーを食べていたのは、漢江大橋ですね!

どうやら、龍山駅からノドゥル島に向かう手前辺りが撮影場所のようです。

劇中にも出てましたが、ピンクのステッカーが貼られれているので、それが目印ですね!

↓この動画のシーンです。

 

最終回の結末は?

※この先、ネタバレが含まれますので、ご覧になっていない方はご注意ください!

 

先ほど、この作品の見どころは三角関係の行方だとお伝えしましたが、

カップルが成立したのは、プン(ジュノ)とセウ(チョン・リョウォン)です。

さらに、プンは序盤で高級料理店から追い出されてしまいましたが、追い出された店の料理長と料理対決をして勝利し、プンが料理長として復帰することができました。

そして、チルソンはセウの父親から多額の投資を受けて、ジャイアントホテル(プンが働く高級中華料理店が入っているホテル)の落札に成功し、ホテルの代表になることができました。

一方のプンとセウは、両親から交際を認められていなかったのですが、プンの頑張りが功を制し、最終的に両親に認められます。

そしてついに、プンは仕事が終わった後の調理場でセウにプロポーズをし、無事にセウから「OK」をもらい、キスをしてストーリーが終了します。

 

まとめ

まだ地上波では放送されていない「油っぽいメロ」ですが、ロケ地巡りに行かれる方の参考になれば幸いです。

また、この作品は、ジュノのファンからしてみたらとても良い作品だったのですが、チャン・ヒョクさんのファンの方からしてみたら、かなりモヤッとする作品になってしまったのが残念でしたよね。

私もチャン・ヒョクさんの演技や作品が大好きなだけに、嬉しい気持ちとモヤッとする気持ちに挟まれました。

次作に期待しましょう。